HTML5.JP

Ads

W3C - 『(X)HTMLバージョンごとのlang属性』日本語訳

一部、直訳ではなく意訳した部分がございます。原文と表現が異なることがございますので、ご了承ください。この日本語訳は、私が理解を深めるために、自分なりに日本語化したものです。本日本語訳には、翻訳上の誤りがある可能性があります。したがって、内容について一切保証をするものではありません。正確さを求める場合には、必ず原文を参照してください。当方は、この文書によって利用者が被るいかなる損害の責任を負いません。もし誤りなどを見つけたら、当サイトのお問い合わせより連絡いただければ幸いです。

概要

この文書は、2008-08-27 に W3C Q&A Weblog に投稿されたエントリです。さまざまなHTMLバージョンが混在する中、言語を表すlang属性をHTMLバージョンごとに整理したものです。まだworking draftとなっているXHTML 2.0や、editor draftとなっている(X)HTML5も含め、比較表を使って分かりやすく解説しています。

日本語訳

(X)HTMLバージョンごとのlang属性

RDFaメーリングリストで lang 属性に関する議論がありました。そこでは、HTMLバージョンに応じて何を使うべきかについて議論されました。それで、私がちょっと調べて比較してみましたので、ここにその結果を公開します。

lang属性

W3C Internationalization は、XHTMLとHTMLにおける言語宣言に関する完全なチュートリアルを作りました。ページで使われている言語に関する情報は、アクセシビリティ、スタイリング、検索などの観点から重要だと、そのチュートリアルでは言っています。『言語を宣言する属性を使う』も参考になります。

lang属性仕様

バージョン 構文 content-type コメント
html 4.01 lang text/html テーブルのlang継承固有のルールがあります。
xhtml 1.0 lang
xml:lang
text/html
application/xhtml+xml
xhtml 1.0はHTML 4.01仕様の定義を使っています。この仕様は、この2つのcontent-typeで同じ文書を供給する可能性があるという問題があります。xml:langlang とでコンフリクトが発生すると、text/html で供給されても、xml:lang が優先されます。
xhtml 1.1 xml:lang application/xhtml+xml xhtml 1.1のセマンティクスはhtml 4.01で定義されています。しかし、"すべての要素で lang 属性は削除され、xml:lang ([XHTMLMOD]で定義されたとおり) が採用されました。
xhtml 2.0
working draft
xml:lang application/xhtml+xml xhtml 2.0は、XMLのxml:lang属性で定義された規定に従います。テーブルに特化した規定はありません。ユーザエージェント適合規定では、lang 属性を無視しなければいけないことになっています。
html5/html
editor draft
lang text/html lang 属性は、HTML文書の要素に対してのみ使うことができます。XML文書では lang 属性を使うことはできません
html5/xml
editor draft
xml:lang application/xhtml+xml html5/xml は、XMLのxml:lang属性で定義された規定に従います。xml:lang 属性は、XML文書の要素でのみ使うことができます。HTML文書で xml:lang 属性を使うことはできません

Copyright © 1994- W3C® (MIT, ERCIM, Keio), All Rights Reserved. W3C liability, trademark, document use and software licensing rules apply. Your interactions with this site are in accordance with our public and Member privacy statements.
サイト運営者情報 | プライバシーポリシー | 当サイトのご利用条件 | お問い合わせ | サイトマップ
Copyright © 2007-2011 Futomi Hatano (@futomi) All Rights Reserved.