wbr 要素

4.5.30 wbr 要素

カテゴリー:
フロー・コンテント
フレージング・コンテント
この要素を使うことができるコンテキスト:
フレージング・コンテントが期待される場所
コンテントモデル:
コンテント属性:
グローバル属性
text/html におけるタグの省略:
終了タグはありません
指定可能な ARIA role 属性 の値:
あらゆるロールの値
指定可能な ARIA ステートとプロパティ属性:
グローバル aria-* 属性
許可ロールに該当する aria-* 属性
DOM インタフェース:
HTMLElement を使う。

wbr 要素は、改行の機会を表します。

次の例では、誰かが何かを言ったとして引用されています。効果を出すために、1 つの長い単語で書かれています。しかし、そのテキストが読みやすい形で確実に行が送られるよう、引用の中のそれぞれの単語を wbr 要素を使って分離しています。

<p>So then he pointed at the tiger and screamed
"there<wbr>is<wbr>no<wbr>way<wbr>you<wbr>are<wbr>ever<wbr>going<wbr>to<wbr>catch<wbr>me"!</p>

ここでは、プログラムのコードのうちとりわけ長い行が取り上げられていますが、wbr 要素を使って改行可能な位置を示唆しています。

<pre>...
Heading heading = Helm.HeadingFactory(HeadingCoordinates[1], <wbr>HeadingCoordinates[2], <wbr>HeadingCoordinates[3], <wbr>HeadingCoordinates[4]);
Course course = Helm.CourseFactory(Heading, <wbr>Maps.MapFactoryFromHeading(heading), <wbr>Speeds.GetMaximumSpeed().ConvertToWarp());
...</pre>

wbr 要素の中にコンテンツがあったとしても、前後のテキストの一部とみなしてはいけません。

この要素は、双方向アルゴリズムに関するレンダリング要件を持ちます


※ 原文:http://www.w3.org/TR/2014/REC-html5-20141028/text-level-semantics.html#the-wbr-element