html 要素

4.1.1 html 要素

カテゴリー:
なし
この要素を使うことができるコンテキスト:
ドキュメントのルート要素として。
複合ドキュメントの中で、サブドキュメントのフラグメントが許される場所ならどこでも。
コンテントモデル:
head 要素の後に body 要素が続く。
コンテント属性:
グローバル属性
manifestアプリケーション・キャッシュ・マニフェスト
text/html におけるタグの省略:
html 要素の 開始タグは、その html 要素の中でコメントが最初でなければ、省略することができます。
html要素の終了タグは、その html 要素の直後にコメントがなければ、省略することができます。
指定可能な ARIA role 属性 の値:
なし
指定可能な ARIA ステートとプロパティ属性:
グローバル aria-* 属性
DOM インタフェース:
interface HTMLHtmlElement : HTMLElement {};

html 要素は HTML ドキュメントのルートを表します。

ウェブ制作者は、ルートの html 要素に lang 属性を指定して、ドキュメントの言語を与えることが推奨されます。これは、スピーチ合成ツールがどんな発音を使うべきかを決定するときや、翻訳ツールがどんなルールを使うべきかを決定するときなどに役立ちます。

manifest 属性は、もしあれば、ドキュメントのアプリケーション・キャッシュマニフェストのアドレスを与えます。もしこの属性が存在すれば、その属性の値は潜在的にスペースで囲まれた妥当な空でない URL でなければいけません。

manifest 属性は、ドキュメントのロードの早い段階のみで影響を与えます。そのため、この属性を動的に変更しても何も起こりません(そのため、この属性の DOM API は提供されません)。

アプリケーション・キャッシュ・セレクションにおいて、後述の base 要素が manifest 属性の相対 URL の解決に影響を与えることはありません。なぜなら、この属性は、そのような要素が現れる前に処理されるからです。

window.applicationCache IDL 属性は、オフライン・アプリケーション・キャッシュのメカニズムにスクリプトからアクセスできるようにします。

次の例の html 要素は、ドキュメントの言語が英語であることを宣言しています。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
<title>Swapping Songs</title>
</head>
<body>
<h1>Swapping Songs</h1>
<p>Tonight I swapped some of the songs I wrote with some friends, who
gave me some of the songs they wrote. I love sharing my music.</p>
</body>
</html>

※ 原文:http://www.w3.org/TR/2014/REC-html5-20141028/semantics.html#the-html-element