dfn 要素

4.5.8 dfn 要素

カテゴリー:
フロー・コンテント
フレージング・コンテント
パルパブル・コンテント
この要素を使うことができるコンテキスト:
フレージング・コンテントが期待される場所
コンテントモデル:
フレージング・コンテント。ただし、子孫に dfn 要素を入れてはいけません。
コンテント属性:
グローバル属性
また、title 属性は、この要素上では、特別なセマンティクスを持ちます。
text/html におけるタグの省略:
どちらのタグも省略できません。
指定可能な ARIA role 属性 の値:
あらゆるロールの値
指定可能な ARIA ステートとプロパティ属性:
グローバル aria-* 属性
許可ロールに該当する aria-* 属性
DOM インタフェース:
HTMLElement を使う。

dfn 要素は、用語の定義インスタンスを表します。dfn 要素の直近の祖先である 段落記述リストグループセクションは、dfn 要素に指定された用語の定義も含んでいなければいけません。

用語定義: もし dfn 要素が title 属性を持っているなら、その属性の値そのものが、定義される用語となります。そうでなければ、この要素が Text ノードではない子ノードとなる要素をひとつだけ含み、その子要素が title 属性を持った abbr 要素であるなら、それの属性の値そのものが定義される用語となります。そうでなければ、dfn 要素の textContent そのものが定義される用語となります。

dfn 要素の title 属性が存在するなら、それには定義される用語しか入れることができません。

祖先要素の title 属性は、dfn 要素に影響を与えません。

dfn 要素にリンクする a 要素は、その dfn 要素によって定義される用語のインスタンスを表します。

次の例は、"Garage Door Opener" という用語が、最初の段落のはじめで定義され、次の段落でそれが使われています。いずれの場合も、実際に表示されるのは、その略語です。

<p>The <dfn><abbr title="Garage Door Opener">GDO</abbr></dfn>
とは、異空間にいるチームがアイリスを開けることができる装置です。</p>
<!-- ... このドキュメントの後ろのほうで: -->
<p>ティルクは彼の <abbr title="Garage Door Opener">GDO</abbr> を起動したため、
ハモンドがアイリスを開けるよう命令した。</p>

a 要素を加えることで、その参照を明示的にすることができます:

<p>The <dfn id=gdo><abbr title="Garage Door Opener">GDO</abbr></dfn>
とは、異空間にいるチームがアイリスを開けることができる装置です。</p>
<!-- ... このドキュメントの後ろのほうで: -->
<p>ティルクは彼の <a href=#gdo><abbr title="Garage Door Opener">GDO</abbr></a> を起動したため、
ハモンドがアイリスを開けるよう命令した。</p>

※ 原文:http://www.w3.org/TR/2014/REC-html5-20141028/text-level-semantics.html#the-dfn-element