draggable 属性

7.7.7 draggable 属性

すべての HTML要素は、draggable コンテンツ属性をセットすることができます。draggable 属性は列挙属性で、3つの状態があります。1つ目の状態は true で、キーワードは true です。2つ目の状態は false で、キーワードは false です。3つ目の状態は auto で、キーワードはありませんが、値がない場合のデフォルト値となります。

true 状態は、要素がドラッグ可能であることを意味します。false 状態は、要素がドラッグ不可であることを意味します。auto 状態は、ユーザーエージェントのデフォルトの挙動が採用されます。

element . draggable [ = value ]

要素がドラッグ可能なら true を、そうでなければ false を返します。

値をセットして、デフォルトを書き換え、draggable コンテンツ属性をセットすることができます。

draggable IDL 属性は、その値は後述の通りコンテンツ属性に依存しますが、要素がドラッグ可能かどうかを制御します。一般的にはテキスト選択に限りドラッグ可能なのですが、draggable IDL 属性が true の要素もドラッグ可能になります。

もし要素の draggable コンテンツ属性が状態 true であれば、draggable IDL 属性は true を返さなければいけません。

もし要素の draggable コンテンツ属性が状態 false なら、draggable IDL 属性は false を返さなければいけません。

いずれでもなければ、要素の draggable コンテンツ属性は状態 auto になります。もし該当の要素が img 要素だったり、href コンテンツ属性をもった a 要素であれば、draggable IDL 属性は true を返さなければいけません。

そうでなければ、draggable DOM は false を返さなければいけません。

もし draggable IDL 属性に false がセットされたら、draggable コンテンツ属性にはリテラル値 false がセットされなければいけません。もし draggable IDL 属性に true がセットされたら、draggable コンテンツ属性にはリテラル値 true がセットされなければいけません。


※ 原文:http://www.w3.org/TR/2011/WD-html5-20110113/dnd.html#the-draggable-attribute