サイト内検索

2022 年?いつ HTML5 は使えるの?

この記事は、html5doctor に掲載されている記事「2022, or when will HTML 5 be ready?」を日本語訳したものです。この記事では、Remy Sharp 氏がズバリと HTML5 はいつから使えるのかを答えます。答えは分かりますね。そう、今からでも使えるのです。

一部、直訳ではなく意訳した部分がございます。原文と表現が異なることがございますので、ご了承ください。この本日本語訳には、翻訳上の誤りがある可能性があります。したがって、内容について一切保証をするものではありません。正確さを求める場合には、必ず各記事の原文を参照してください。当方は、この文書によって利用者が被るいかなる損害の責任を負いません。もし誤りなどを見つけたら、当サイトのお問い合わせより連絡いただければ幸いです。

2022 年?いつ HTML5 は使えるの?

2022 年、この年は、クイーン・エリザベス二世が健在であれば Platinum Jubilee を祝う年だということはさておき、私たちコミュニティの中には、HTML5 に関して間違ったことを連想してしまう人が多い。

私は、なぜそう思う人がいるのかを理解しているが、それは間違いだ。2022 年は、HTML5 が利用できるようになる年と誤解されてしまったのだ。それは間違いだ。HTML5 は今日からでも利用できるのだ。

技術者向けの Tech Republic のインタビューで、HTML5 草案のエディタである Ian Hickson は、HTML5 勧告のスケジュールについて聞かれた。

そのインタビューでは、いつかでるはずだ、と答えた。しかし、さらに、2022 年よりずっと先だとも答えた。この年は最終勧告案の日付だ。実際にこう書かれている:

少なくとも 2 つのブラウザが [HTML 5 テスト・スイート] に完全に合格する必要がある。

この話を別の仕様に置き換えて考えてみよう。それも、とても長い時間がかかっている仕様だ。そう、CSS 2.1 のことだ。

CSS 2.1 は、みなさんがよくご存じなはずの CSS だ。あなたはそれを日常的に使っているのではないだろうか。それが完成した仕様かどうかを考えることはしないだろう。

これは 10 年以上も開発が続けられており、ついこないだ勧告候補(2009 年 4 月 23 日版)になったばかりだ。

つまり、これはまだ 2 つのブラウザーがサポートしていないということなのだ。Internet Explorer 8 だけが CSS 2.1 仕様を完全にサポートしている。

これで CSS 2.1 を使ってはいけないのかい? そうではないだろう。HTML5 を使ってはいけないのかい? そんなはずないだろう。HTML5 はもう使えるのだ。

HTML5 にとって重要な日とはいつ?

2009 年 10 月だ。

この年の 10 月には、HTML5 最終草案が出る。

これは、今年の 10 月の仕様には、この仕様が抱える問題、拡張、バグなど、すべてが記載され、それが提出されるということを意味する。(いったり来たりすることはあるが、これがメインのデッドラインだ。)。

WHATWG は、誰からでも、アイデアや提案を受け入れている。

メーリング・リストにサインアップして、過去ログを見ることができる。IRC を使えば、ダイレクトにコミュニケーション可能だ。IRC の履歴も完全に残っている。いずれも http://whatwg.org から入手可能だ。