サイト内検索

getContext() メソッド

構文

context = canvas . getContext(contextId)

canvas に描画するための API にアクセスできるオブジェクトを返します。

指定の context ID が未サポートなら null を返します。

仕様

canvas に描画するためには、まず、canvas 要素の getContext(contextId) メソッドを使ってコンテキストのリファレンスを取得しなければいけません。

コンテキストは、2D Context 仕様など、別の仕様で定義されています。[2DCONTEXT]

ブラウザベンダーは、moz-3d のように、vendorname-context 構文を使って実験的なコンテキストも定義することができます。

ユーザエージェントが空の文字列やサポートしていないコンテキストを指定する文字列を受け取った場合は、nullを返します。文字列比較は、大文字・小文字を区別します


原文:http://www.w3.org/TR/2010/WD-html5-20100624/the-canvas-element.html#dom-canvas-getcontext

ブラウザ対応状況

Firefox Safari Chrome Opera IE ExplorerCanvas
2 ○ 2 ○ 1 ○ 9.2 ○ 9 ○ 0002 ○
3 ○ 3 ○ 2 ○ 9.5 ○   3 ○
3.5 ○ 4 ○ 3 ○ 10 ○    
3.6 ○ 5 ○ 6 ○ 10.60 ○