ブログ内検索

by Futomi Hatano

WHATWGでHTMLのバージョン番号がなくなる?

WHATWG では、HTML5 仕様を開発・策定していることはご存知のとおりですが、このたび、HTML のバージョン番号を表す 5 がなくなりました。これまで、みなさんがご覧になっていた WHATWG の HTML5 仕様のタイトルから、すでに HTML のバージョン番号を表す 5 がなくなっています。新たな名前は WHATWG HTML です。

これは HTML5 のエディタである Ian Hickson 氏より、WHATWG のメーリングリストの投稿「Switching to an unversioned development model」にてアナウンスされたものです。

彼は、以前から WHATWG は HTML のバージョン番号を気にして活動していたわけではなく、今後も WHATWGの活動内容が変わるとを意味するものではないと言っています。

ただ、WHATWG の仕様書が、これまでと違った形で分割されることになりました。現在、W3C 側では Last Call に向けて準備を進めています。それにあわせて、W3C HTML5 向けに切り出した仕様も用意されています。

WHATWG は、もともとはひとつの大きな仕様書から、機能を切り出して、別の仕様書として用意しています。それと連動する形で、W3C 側でも仕様が用意されています。この関係性がわかりにくくなってきましたので、簡単にまとめてみました。


この図では、WHATWG が策定している仕様のどの部分が、W3C の仕様と連動しているのかを表しています。

各仕様書の URL は以下のとおりです。

WHATWG
W3C
IETF

WHATWG の Web Applications 1.0 は、WHATWG が策定している仕様をひとつにまとめたものです。この中から、WHATWG HTMLHTML5Microdata VocabulariesWebWorkers が抜き出されて、それぞれがひとつの仕様書として用意されています。

WHATWG の WHATWG HTMLHTML5 は、現状のところ、device 要素が含まれているかどうかしか違いはありませんが、今後、この両者の違いが増えてくるかもしれません。W3C の HTML5 は、WHATWG の HTML5 と連動することになります。

WHATWG の Microdata Vocabularies は、W3C では vCardvEventLicensing Works で別々の仕様として分離されています。

この投稿は 2009年12月12日 土曜日 11:26 AM に W3C, whatwg カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 現在コメント、トラックバックともに受け付けておりません。

コメントは受け付けていません。