ブログ内検索

by Futomi Hatano

HTML5 Japanese Interest Group

W3C に HTML5 Japanese Interest Group が発足しました。

このグループは、HTML5 仕様、および、それに関係する API 仕様を含めて、日本語でレビューすることを目的に発足したようです。W3C 会員のみならず、一般にも開放されています。

このグループの議長は、Web 標準 Blog でおなじみの株式会社ミツエーリンクスの矢倉 眞隆 氏です。

HTML5 仕様策定においては、WHATWG のメーリングリストで参加できますが、すべて英語です。多くの日本人にとっては英語の壁は大きいと言えます(私も結構苦労します)。

また、日本独自の印刷慣習を踏まえた議論も必要なはずですが、英語の壁だけでなく、他国の人にとっては関心が薄いという問題もあります。たとえば、ruby 要素、rt 要素, rp 要素なども、該当するでしょう。

日本語で、日本独自の事情を踏まえた議論ができる場が W3C で用意された意義は大きいと思います。早速、私も申し込みました。

今後の議論に期待したいところですね。

関連ページ

この投稿は 2009年11月24日 火曜日 5:48 PM に W3C カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 現在コメント、トラックバックともに受け付けておりません。

コメントは受け付けていません。